傷物語の感想を語りたいことだけ語ってみた

1月某日、隼の心は揺れていた。
「見に行こうか、見に行くまいか」
どうせDVDを買いに行くことは目に見えている。
前売りも買い損ねた今、見に行く意味があるのかと。
誰かが言った。
「まだ生きているコンテンツに、金を落とさないでどうする」
隼は再び葛藤した。悩みに悩んで悩みぬいた。時には湯あたりするほどに考え込んだ。
この頃だっただろうか、ようやく行く決心を固めたのは。
「確かに修論は思ったより進んでいない。まだ20 %、否、もっと低いかもしれない。1月末に提出だ。もう一年遊べるドン? いや、これが出せなきゃ、人生棒に振っちまう。
だが、ここで行かずしてどうするのか! やらないで後悔より、やって後悔だ!」

そして1月8日、隼は大学近くの映画館に行く道を、ほくほくと歩いていた。
「そういえば、一人で映画見るの初めてだ」
上映は11時から、しかし着いたのは10時。
1時間、パンフをめくりながら、原作を予習。気持ちが昂ぶりすぎて、途中、手が震える。
「やっぱりグッズも買えばよかったかな……いや、まぁ私の嫁じゃないし……」
そして開場のアナウンス。劇場特典の冊子を受け取った隼はこう思った。

「い、意外と、厚い……」

開幕まではもう少しある。他の客もそうするように、1ページ1ページ丁寧に読み進める。
成程、確かに阿良々木くんって困ってる人ほっとけないんやな……。
半分行くか行かないかのところで、ベルが鳴った。いよいよである。
おきまりの宣伝を見ながら、そういえば前に映画を見に行ったのはいつだろうか、夏だった気がするから半年か、早いペースだ、ところで人が少なくて両隣空いてるのは喜ばしいが、右の1個とばし隣のおばさま、がさごそをそろそろ止めていただけないだろうか、あと斜め前の青年、早々に頭の位置を落ち着けていただきたい、と考えていた。
そしてようやく、始まった。







「……あれ、ここ、どこ?」

隼がそう思ったのも無理はない。何故なら冒頭に現れたのは、国の建物でもおかしくはないほど立派なビルだったからだ。
廃墟じゃねぇ。
え、ストーリー変えたの? まじ?
しかし出来がいい。劇的なビフォーアフターも甚だしいが、映画ならではの美しさである。
ただ阿良々木くんが火達磨になりながら叫んでいるだけなのだが、セピアっぽい色合いが相まって、ただただ、美しいのだ。
この辺で隼の瞳から、雫が落ちる。

「嗚呼、俺たちの2013年は、見捨てられていなかった……」

もう見られないかと思ったものが、目の前にあるという幸福感。それだけで感動できるほどに、隼はこの映画を欲していたのである。
なんかもう、想いがまじで重過ぎる。
そうこうしてる間に、タイトルが表示され、本編に入る。ここでも、坂本真綾は歌わない。ちっ。


初めの方はバサ姉のターンである。隼は実は、彼女のことが好きではない。やっぱりどこか、気味の悪さを感じてしまうのである。まぁ、傷に関しては彼女はヒロイン枠であるし、彼女なくして物語は始まらないのだから、のんびり見ることにしよう。
……おかしい。
かわいい。
あれ? バサ姉ってこんなに可愛かった? あれれ?
作画マジックとは恐ろしいものである。
というか、心なしか阿良々木くんもイケメン。あれれれれ。
あとで気がついたが、傷物語の阿良々木くんは髪が若干短いのだ。それがイケメンに見えた理由であろう。
とまぁ、彼についてはおいといて。問題はバサ姉である。はにかんだ表情が素晴らしすぎる。そして豊満なバストがさらに強調されている。可愛さ3割、胸は5時増しである。
三つ編み眼鏡女子にこんなに飢えていたのだろうか……。そんなことを考えたりもした。


そうこうしている間に、御大登場である。
キスショットアセロラオリオンハートアンダーブレード様。
美しい。美しすぎる。
正直、ここまで彼女が美しく描けると思わなかった。血に染まったその姿も、どこか絵画のように浮世離れしていて。金の髪の艶やかなことこの上ない。
坂本真綾GJ。気高い彼女のイメージそのままである。
まぁこの辺り、阿良々木くんがややしつこいくらい動揺しているのだが、それも気にならないくらいの彼女の美しさであった。


そしてロリである。
ロリ万歳!
ロリコン万歳!
自分がロリコンで良かった瞬間である。
ロリ版がまぁ可愛い可愛い。動作のひとつひとつ、表情の全てが愛らしいのだ。そこには気高さなど微塵もなく、ただただ背伸びしたがりな幼女がいるのである。無い胸張っているのである。可愛く無いわけがない。
ロリコンでよかった。
帰りにグッズを買うことを決意する隼であった。
この映画1番の見所ではなかろうか。口を押さえて悶絶する妙な大学生がそこにはいた。
あと頭を撫でまくってるシーンが本当にかわいい。子犬みたい。
何このかわいい生き物、おかっぱはこのためだったのか。わしゃわしゃしたくなることこの上ない。
時系列がこの後になる方の金髪長髪じと目幼女版も好きだが、もうおかっぱの魅力に憑りつかれてしまった。
ここでも悶絶する大学生がいた。
幼女万歳。


ロリ版キスショット様が1番の見所であるのなら、2番は忍野メメ登場シーンだろう。
なんだあの格好良いおっさん。
その少し前には、火達磨になりながら無様に飛び降りる阿良々木くんがいたことも、相乗効果になったのだろう。
高所から彼を見守り、そしてピンチになるや否や、ざっと飛び降りる。
颯爽と夜の街を駆け抜ける姿が、それはもうたまらなく格好良いのである。
悶絶する大学生再び。
おっさん最高。


窮地を格好良いおっさんの手によって切り抜けた阿良々木くんは、主人の元へ帰ってくる。
この時のキスショット様も恐ろしいほどに可愛い。
あんな出迎え方してくれるならもう定時通り越して毎日早退する。
というかもはや家から出ない。
毎日彼女の頭を撫でることで生計を立てていきたい。
最後はまた格好良いおっさんで〆。なんかメメに全てを持って行かれた感。いいけど。


次回予告まできっちり見てから、劇場を後にした。
手にはパンフとクリアファイルと缶バッチと前売り券。
道中、腹ごしらえにとうどん屋に入り、注文を間違えられても、むしろ美味しかったので勧めてくれてありがとうおばちゃん!というテンションの元、大学へ。
ほくほくしながらお茶を淹れる隼に、楽しそうですねと後輩の声。
大満足で終えた、僕らの2013年であった。








特典コンプしたいよう。
[PR]
by hayabusa-l19-96 | 2016-01-10 22:24 | 戯言